クッキーとの会話
f0209341_1516430.jpg

リモコンの上にやってきて、私に何かを訴えるクッキー。


9歳10ヶ月にもなると、かなりかしこくなり、要求することも増え、
私もクッキーの要求も分かるようになりました。


朝9時の段階で我が家は32度に達します。 湿度60%近く。
だから、クッキーは
「 クーラーをつけてください! 」
と、上のクーラーを見上げます。
分からないふりをすると、スチールラックに飛んでいき、よりクーラーに近い場所で上を見つめます。

朝7時前、
「 豆苗がまだなんですよ。 ラズちゃんがほしいって言ってるんでチュよ! 」
と、自分の分とラズの分まで要求します。

午前中は二羽ともゆっくりと壷巣でお休みの時間。
でも休日、おとうちゃんがケージのそばでしゃべっていると、
「 うるさいでチュよ。 ちょっと静かにしてくれないでチュか? 」
と、チュッチュッと声を出します。

最近、ママはクッキーの目をじっと見つめて心で会話します。
「 クッキーちゃん、エサの時間はまだだよ。 ・・・もうちょっと待ってね。 」
無意識にクッキーに、二、三度首を横に振って伝えていたら、
横でおとうちゃんが怪訝な顔をして、私を見ていました・・・・。




       追記  本日こちらは38.1度の暑さでした。 佐賀とタイで全国1位!




ブログランキング・にほんブログ村へ  ランキングに参加しています。  
[PR]
by mbun | 2016-08-11 15:29 | クッキー&アイス | Comments(0)
<< クッキー ねむねむ >>