クッキー&アイ
f0209341_14461132.jpg

アイちゃんが床にいるときは、クッキーは壷巣にいます。
おとうちゃんが来ると、クッキーはすぐに壷巣から出てきて、アイちゃんを守ります。



ケージの模様替えをしたとき、クッキーは戸惑いました。
他のケージでその夜は寝ようと思いましたが、落ち着きません。
結局扉を開けると、二つのケージのアウトバスの上をぴょんぴょんと飛び移り、
それを眺めていたおとうちゃんのいる机に飛び、どうしようかと目で訴えました。
「アイちゃんは?」 とたずねると、じっと考えた上で、
アイちゃんのいるケージにもどって仲良く壷巣で寝ました。



今日は皿にあるおやつ(少しカロリーの高いエサ)を食べようかどうしようかと迷うアイちゃんの
おしりをツンッとつついて、
「食べていいよ。」と促しました。
アイちゃんはおいしいエサをもくもくと食べ、
クッキーは壷巣にいて、よこどりや、独り占めすることなく、エサを譲ってあげてました。




クッキーはいろんなことを考えています。
他のオスたちとケンカはしないように、アイちゃんにやさしくするようにと。
とてもいいコです。





ブログランキング・にほんブログ村へ  ランキングに参加しています。  
[PR]
by mbun | 2015-07-06 14:56 | クッキー&アイス | Comments(2)
Commented by おかめとキンカ at 2015-07-08 09:08 x
お早うございます
妙なことを言う・・か?と思いますが
クッキーちゃんは、弱いもの・手助けが必要なもの
に対して、敏感な仔なのかしら〜
って感じました

だから、一人になって
心細い思いをしているアイちゃんに
寄り添っているのだと思いました

見習う事が多いですね。
Commented by mbun at 2015-07-08 10:58
■ おかめとキンカさん

こんにちは♪
クッキーはとても優しいので、以前(パイくんと夫婦仲が悪いとき)ミルさんもクッキーに会いにきていました。
優しかったので、カリンもクッキーを選んだようです^^

鳥の様子を見てると、最期まで本当に立派だと思います。
妙・・・とは思いますが、いろんな意味で、こう生きれるといいな~と思います。
<< 夕方の時間 皿とアイちゃん >>